この記事では洋楽「evermore」の歌詞と和訳を掲載しています。和訳に関してはわかりやすい日本語を心がけました。英語の勉強、カラオケの練習などにもお役立てください。(JASRAC許諾済)

「カラオケモード」のリンクをクリックすると、ミュージックビデオと歌詞が自動スクロールで追随し見やすい機能がご利用いただけます。

「evermore」のミュージックビデオ(YouTube動画)

「evermore」が収録されているアルバムはこちら

「evermore」の歌詞と和訳

evermoreの画像

00:00:20
Gray November
I’ve been down since July
Motion capture
Put me in a bad light
I replay my footsteps on each stepping stone
Trying to find the one where I went wrong
Writing letters
Addressed to the fire
灰色の11月
7月から気分が沈んでたの
映し出された映像は
私に最悪の光が差してた
私の足跡を一歩ずつ踏み直してるの
どこで間違ったのかを探しながら
手紙を書いたの
宛先は炎の中
00:00:57
And I was catching my breath
Staring out an open window
Catching my death
And I couldn’t be sure
I had a feeling so peculiar
That this pain would be for
Evermore
私は息をつこうとしてた
窓を開けた向こうを見つめながら
体は冷えてくる
確証はないけど
すごく奇妙な気分がするの
この痛みっていうのは
永遠なのかも
00:01:27
Hey December
Guess I’m feeling unmoored
Can’t remember
What I used to fight for
I rewind the tape, but all it does is pause
On the very moment all was lost
Sending signals
To be double-crossed
ねえ 12月
私の心は乱れてるみたい
もう覚えてない
昔は何と戦ってたんだろう
テープを巻き戻しても 止まってばかり
そして私は迷子になった
サインは送られてた
いつか裏切られるって

evermoreの画像

00:02:04
And I was catching my breath
Barefoot in the wildest winter
Catching my death
And I couldn’t be sure
I had a feeling so peculiar
That this pain would be for
Evermore
(Evermore)
私は息をつこうとしてた
寒すぎる冬に裸足で
体は冷えてくる
確証はないけど
すごく奇妙な気分がするの
この痛みっていうのは
永遠なのかも
(永遠になのかも)
00:02:40
Can’t not think of all the cost
And the things that will be lost
Oh, can we just get a pause?
To be certain, we’ll be tall again
Whether weather be the frost
Or the violence of the dog days
I’m on waves, out being tossed
Is there a line that I could just go cross?
もう考えられない 犠牲にしたもの
失うもの全てを
立ち止まることはできないのだろうか?
きっと また成長はできる
天気は霧が降って凍える寒さなのか
猛暑の暴力的な暑さなのか
波に乗ったら 投げ出される
僕が渡れる線はあるのだろうか

evermoreの画像

00:03:11
And when I was shipwrecked (Can’t think of all the cost)
I thought of you (All the things that will be lost now)
In the cracks of light (Can we just get a pause?)
I dreamed of you (To be certain we’ll be tall again, if you think of all the costs)
It was real enough (Whether weather be the frost)
To get me through (Or the violence of the dog days)
(Or the violence of the dog days)
(Out on waves, being tossed)
(I’m on waves, out being tossed)
I swear (Is there a line that we can just go cross?)
You were there
私が打ちひしがれていたとき(もう考えられない 犠牲にしたもの)
あなたを想ったの(失うもの全てを)
少しの光が差す中(立ち止まることはできないのだろうか?)
あなたを夢見た(きっと また成長はできる 犠牲にしたものを考えれば)
本物みたいだったの(天気は霜が降って凍える寒さなのか)
これを乗り越えるために(猛暑の暴力的な暑さなのか)
(猛暑の暴力的な暑さなのか)
(波からは投げ出される)
(波に乗ったら 投げ出される)
絶対(僕が渡れる線はあるのだろうか)
あなたはそこにいたの
00:04:00
And I was catching my breath
Floors of a cabin creaking under my step
And I couldn’t be sure
I had a feeling so peculiar
This pain wouldn’t be for
Evermore
Evermore
Evermore
This pain wouldn’t be for evermore
Evermore
私は息をつこうとしてた
足を踏み入れれば軋む小屋の床
確証はないけど
すごく奇妙な気分がするの
この痛みっていうのは
永遠じゃないのかも
永遠じゃないのかも
永遠じゃないのかも
この痛みっていうのは
永遠じゃないのかも