この記事では洋楽「Minions」の歌詞と和訳を掲載しています。和訳に関してはわかりやすい日本語を心がけました。英語の勉強、カラオケの練習などにもお役立てください。(JASRAC許諾済)

「カラオケモード」のリンクをクリックすると、ミュージックビデオと歌詞が自動スクロールで追随し見やすい機能がご利用いただけます。

「Minions」のミュージックビデオ(YouTube動画)

「Minions」が収録されているアルバムはこちら

「Minions」の歌詞と和訳

Minionsの画像

00:00:12
Minions.
Minions have been on this planet
far longer than we have.
They go by many names.
Dave, Carl, that one is Norbit.
ミニオンズ
ミニオンズは我々よりはるか昔に
この惑星にいた
彼らは名前も持っている
デイブ カール あれはノービットだ
00:00:23
He’s an idiot.
They all share the same goal.
To serve the most despicable master
around.
彼はアホだ
彼らは同じゴールに向かっている
最もダメなボスに仕えるために
00:00:39
Finding a master was easy.
Keeping a master…
That’s where things got tricky.
But nonetheless, they kept on looking.
ボスを見つけることは簡単だった
ボスに仕え続けるのは…
ちょっと込み入ってるみたいだ
しかし それにも関わらず 彼らは探し続ける

Minionsの画像

00:01:18
Without a master, they had no purpose.
They became aimless.
And depressed.
If this went on much longer,
they would surely perish.
ボスなしじゃ 彼らは目的をなくし
当ても無くなってしまう
そして意気消沈する
それが長いこと続くと
彼らは間違いなく死んでしまう
00:01:31
But then, one minion stepped forward.
Kevin felt pride. He was going to be
the one to find his tribe, the biggest,
baddest villain to serve.
しかしその時 一人のミニオンが立ち上がった
ケビンは誇りを感じて
仕えるための最強最悪のボスを見つける一人に
なろうとしていた

Minionsの画像

00:01:41
Stuart felt hungry mostly.
He was going to be the one to eat
this banana.
And Bob…
Bob was frightened of the journey ahead.
スチュワートはたいてい腹が減っていた
彼はこのバナナを食べる一人になろうとしてた

そしてボブ
ボブはこの先の旅に怯えていた
00:02:23
[New York, 1968
42 Years B.G. (Before Gru)]
[ニューヨーク 1968年
グルーに会う42年前]